東京で通信制高校に通い効率良く卒業する

勉強するなら効率良くしたい

通信制高校 東京通信制高校広場『学費や評判を調査』一括資料請求も可能

東京で通信制高校へ通った経験勉強するなら効率良くしたい今思えばあの時入学しておいて良かった

公立校の場合、大学受験に関係ない科目も受けなければなりません。
それは卒業単位として必要だからです。
通信制高校の場合、そのような無駄な時間が一切無いプログラムに最初からなっているので、大学受験に対するモチベーションが保ったまま大学受験に望めました。
2点目は登校しなければならない日付が極力最小限だったことです。
東京のへんぴなところに転勤になったので、公立校へ通うとしたら電車で片道1時間かかるので我慢強くない私にとっては苦痛で仕方がありませんでした。
通信制高校を利用する前に高校見学へ一通り行きましたが、どこも古くさくここで勉強したいと思えなかったのも一つの要因です。
学んでいる生徒の様子を見る限り目がうつろで受験勉強に追われているか、毎日堕落した生活を送っているように見えました。
どうせ勉強するなら効率良くしたいと思ったので、自宅で存分に出来るものを選んだ次第です。
最初は独力で勉強しようと思い、本屋で受験対策本をかき集めました。
部活動をせずにその間を勉強に充てられるので、肉体的にしんどいことがなく、自主勉強も幾分はかどりました。
難しかったのが分からない問題に対するアプローチです。
暗記して覚えれば問題無いですが、高校ともなると単純暗記では追いつかないレベルになってきます。